交通事故の慰謝料の基準について

交通事故による慰謝料の計算には一定の基準が設けられています。
まず自賠責基準というものがあります。

あなたが探していたNAVERまとめに対する期待が寄せられています。

これは、交通事故が発生した場合に被害者に最小限の補償をするために設けられた保険の基準です。

なおこの保険は、すべての自動車運転者に加入が義務付けられています。交通事故の最小限の補償のため、慰謝料の中で金額が最も低くなる傾向にあります。

次の基準は、任意保険基準です。


この基準の保険は、そもそも自賠責保険が強制保険と呼ばれるために、それの対比としてこの名前が付けられました。

この保険の役目としては、自賠責保険で支払われた場合にその不足分の損害賠償を加害者に代わって補償することにあります。


ところで任意保険基準は、各社の任意保険で定められている保険金支払いの基準でもあります。
この基準は各任意保険会社でそれぞれ異なっており、また公表されていません。
しかし、自賠責基準と裁判所基準のだいたい中間程度の金額に収まることが多いようです。

交通事故の弁護士を知るならこのサイトです。

ここで裁判所基準という基準に触れましたが、これが次に説明する基準となります。

この基準はどういうものかと言いますと、これまでの裁判例などを元にして定められた慰謝料の基準です。一般的に弁護士基準、赤い本基準とも呼ばれています。

補償金額としては、これまでに説明した基準に比べて最も高額になります。



弁護士が損害賠償請求をしたり、保険会社と示談交渉する場合はこの基準をベースに算定することになります。